關於部落格
隱身於巷弄間的華麗城堡



  • 151254

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    30

    追蹤人氣

*Synchronicity~第二章 光と影の楽園~*

虛像(きょうぞう)の楽園(らくえん)の果(は)ての
深(ふか)い 深(ふか)い大地(だいち)の底(そこ)で
ただ獨(ひと)り 祈 (いの)りの歌(うた)を
謡(うた)い綴(つづ)る運命(さだめ)──

行(い)き場(ば)を無(な)くした過去(かこ)から
巡 (めぐ)り続(つづ)ける聲(こえ)を繋(つな)ぎ
繰(く)り返(かえ)す 歴史(れきし)の淵(ふち)で
運命(さだめ)に身(み) を捧(ささ)ぐ

何(なに)も知(し)らず ただ歌(うた)だけ
紡(つむ)いで 生(い)きてきた
晴(は)れの歌(う た)を 雨(あめ)の歌(うた)を
優(やさ)しいレクイエムを
楽園(らくえん)へと 続(つづ)く道(みち)の先(さき)に
差 (さ)しのべられた
暖(あたた)かい手(て)さえ 屆(とど)かずに

(「トワニウタイツヅケナサイ」)

滅(ほ ろ)ぶ世界(せかい)の 歪(ゆが)みの底(そこ)で
祈(いの)りの歌(うた)を 奏(かな)でる ──宿命(さだめ)──
忘(わ す)られし 過去(かこ)に眠(ねむ)る 優(やさ)しい聲(こえ)に
絶望(ぜつぼう)さえも 微笑(ほほえみ)みに変(か)え
涙 (なみだ)の底(そこ)に 沈(し)んでいく

絶望(ぜつぼう)の楽園(らくえん)の果(は)てに
無(な)くした聲(こえ)を探 (さが)し求(もと)め
道(みち)なき道(みち)をただ遠(とお)く
徬徨い往(ゆ)く運命(さだめ)──

閉(と)ざ された歴史(れきし)の影(かげ)に
奪(うば)われし日(ひ)を想(おも)いながら
心(こころ)の奧(おく) 響(ひび)く聲(こ え)は
苦痛(くつう)に身悶(みもだ)える

永久(えいきゅう)に続(つづ)く楽園(らくえん)へと
願(ねが)いは屆 (とど)かずに
ただ歪(いが)んで 聲(こえ)とともに
消(き)え去(さ)って巡(めぐ)るだけ

今此(こん)の手 (て)で 確(たし)かめたい
君(きみ)の溫(ぬく)もりの音(おと)
傷(きず)つくことさえ 厭(いと)わずに

(「俺 (おれ)は戦(たたか)う」「私(わたし)は歌(うた)う」)

荒(すさ)ぶる聲(こえ)の 魂(たまし)を奪(うば)い
この世 (このよ)の果(は)てまで 綴(つづ)って眠(ねむ)れ
此の光(ひかり)を 溶(と)かしても 屆(とど)かぬなら
偽(いつわ)り の楽園(らくえん)を此の手(て)で
終(お)わらせるだけ

(「歌(うた)って」)

私(わたし)は 祈(いの) る (俺(おれ)は 戦(たたか)う)
守(まも)るために (壊(こわ)すために)
笑顔(えがお)がこぼれ (君(きみ)は泣(な) いてた)
光射(ひかりさ)す世界(せかい)のために(ただ獨(ひと)りで)
明日(あす)へと繋(つな)ぐ (過去(かこ)を葬(ほ おむ)る)
光(ひかり)の希望(こぼう)の歌(うた) (影(かげ)の絶望(ぜつぼう)の歌(うた))
命(いのち)を與(あた)え  (命(いのち)を奪(うば)い)
息吹(いぶ)く聲(こえ)を 新(あたら)しい風(かぜ)にのせ (終(お)わりの聲(こえ) 止(と)まない 雨(あめ)に流(なが)し)
命盡(いにちつ)きるまで (命盡(いにちつ)きるまで)

(「マタメグル」)

全 (すべ)ての聲(こえ)は 光(ひかり)と出會(であ)い 影(かげ)へと繋(つな)ぐ
繰(く)り返(かえ)す歴史(れきし)となりて
巡 (めぐ)る世界(せかい)の 鼓動(こどう)の音(おと)は
終(お)わりを告(つ)げる 鐘(かね)となり 響(ひび)く
全(すべ) ての命(いのち)は絶(た)え 新(あたら)しい芽(め)が息吹(いぶ)く先(さき)の
光(じかり)と影(かげ)の楽園(らくえん)に 願(ね が)いを

-----------------------------------------------------

◆歌詞
鈴: 藍色 連:黃色  初音:紅色
合唱:綠色

Synchronicity ~輪迴世界的鎮魂曲~
Synchronicity ~巡る世界のレクイエム~

在虛偽的樂園盡頭
在深邃 深邃的大地底下
獨自一人 唱著祈禱的歌
以歌編織而成的命運

從沒有去處的過去
以不斷重複的聲音連繫著
不斷重複 在歷史的深淵
將此身獻予命運

一無所知 只是唱著歌
只是持續的活著
不管是晴天之歌 或是雨之歌
亦或溫柔的鎮魂曲
全都在樂園的道路前方響著
伸出的那雙
溫暖的手也無法到達
「請永遠的歌唱…」
在毀滅的世界 那歪曲的深處
必然會演奏著祈禱的歌
那已被遺忘 沉睡在過去之中
溫柔的聲音
連絕望也能 變成微笑
而被深埋在眼淚底下

在絕望的樂園盡頭
尋找著失去的聲音
在那尚未絕望的時刻
逐漸走向徬徨的命運

如果只能在被封閉的歷史的影子裡
回憶著被奪去的 日子的話
在心底響起的
便是悶於此身的痛苦

只能永遠與樂園一同
隨著那無法傳遞的願望
只是被扭曲著 與聲音一起
不斷地被消去
想現在用雙手確定
你那溫暖的聲音
只要這樣 便能不討厭傷害他人之事
「我戰鬥著」
「我歌唱著」
奪去這狂暴的靈魂
讓我直到世界的盡頭 都能安眠
如果置身於光中
也無法到達的話
那我只能用這雙手將樂園
打下終止符

在孤獨的樂園盡頭

在絕望的樂園盡頭

獨自一人 唱著祈禱的歌


逐漸步向徬徨的命運

「歌唱吧」

我祈禱著
我戰鬥著

為了守護
為了破壞

露出了笑容
你卻在哭泣

為了陽光普照的世界
獨自一人

與明日相繫
葬送掉過往

光的希望之歌
影的絕望之歌

給予了生命
奪去了生命

新生的聲音 乘著初始之風而去
終結的鐘聲 隨著不曾停過的雨流洩而去


直到生命盡頭…



「還會再重來的」


全部的聲音 與光相聚
連繫著影子
成為不斷重複的歷史

在世界中流轉的 鼓動的聲音
宣告著終焉
成為鐘聲 響徹雲霄

斷絕所有的生
再次創造出新的生命
在光與影的樂園裡
將願望…


相簿設定
標籤設定
相簿狀態